悩み

【0歳9ヶ月の便秘対策】血便と大泣きに悩んでおまるデビュー

【0歳9ヶ月の便秘対策】血便と大泣きに悩んでおまるデビュー

うんちのたび、ギャン泣き。

うんちに鮮血がついていて、お尻をふくと血。

綿棒浣腸を試したり、お腹マッサージをしたり、小児科を受診したりしました。色々試しました。

こんな生活が2ヶ月続いています。

まだうんちの時は大泣きですが、おまるを使いはじめて快方に向かいはじめました。

便秘の症状、考えられる原因、実践した対策やその効果をまとめています。

 

【0歳9ヶ月の便秘対策】血便と大泣きに悩んでおまるデビュー

2ヶ月以上この便秘に悩まされています。

結論から言うと、おまるを使いはじめて良好に向かいはじめました。

 

うちの子は

☑︎切れ痔

☑︎お座り大好き

☑︎離乳食をはじめてから便秘になった

といった条件です。



症状

☑︎血・血便(切れ痔)が続く

☑︎うんちの度に大泣き

2ヶ月もこの状態が続き、子どもが一番辛いと思いつつも、苦しむ姿を見るこちらも辛い日々です。

 

血・血便(切れ痔)が続く

切れ痔のきっかけは、離乳食が3回食になった頃でした。

便秘がはじまった一番最初、ひどい便秘になり、カッチカチの便を出したことがありました。

そこから毎回、便をするたびに大泣きします。

おそらく、この頃にお尻が切れてしまったんだと思います。

血便が出たあとに気をつけていることは、お尻ふきで綺麗にお尻をふくことと、お風呂で綺麗に洗うことです。

 

うんちの度に大泣き

そんなに固そうなうんちではなくても便をする時は大泣きです。

柔らかい便でも泣いています。

 

原因

考えられる原因は2点

☑︎食事の変化

☑︎お座りの時間が増えた

 

食事の変化

3回食になり、離乳食の量が増えました。

一方で、ミルク(母乳)の量が減っていました。

水分の摂取量が減ったというのは、便秘の十分な理由になると思いました。

また、生まれてからずっと柔らかい便をしていましたが、離乳食を食べるようになってから明らかに便が硬くなりました。

 

お座りの時間が増えた

お座りができるようになってから、お座りが大好きで、寝させると不機嫌になるようになりました。

それでついついお座りでいる時間が長くなりました。

お座りしている時に踏ん張る(うんちをしたそうにする)仕草をとることがありました。でも、離乳食で少し硬めになっていた便はお座りの状態では出ていませんでした。

後になってみると、お座りの姿勢でいたことで、自然な便意のタイミングを逃していたと思います。

この、便意を逃していたことが、便を硬くし、切れ痔のきっかけとなるひどい便秘に繋がったのだと思っています。

 

対策

【0歳9ヶ月の便秘対策】血便と大泣きに悩んでおまるデビュー

便秘に悩ませれた中で、大きく5つのことを試してみました。

実践した順にまとめています。

  1. 綿棒浣腸 + ワセリン
  2. お腹マッサージ
  3. こまめに水分摂取
  4. 小児科を受診
  5. おまるデビュー

 

1. 綿棒浣腸 + ワセリン

便秘に悩みはじめだしたころ、ネットで調べて見つけた解決策が綿棒浣腸でした。

YouTubeで実際に動画をチェックして、実践しました。

やり方を簡単に説明すると

綿棒の綿の部分にワセリンをつける

↓  ↓  ↓

綿の部分くらいまでを肛門に入れ、肛門を広げるイメージで綿棒を回す

ワセリンをつけることで、滑りをよくして、赤ちゃんの皮膚を保護する効果があるようです。

実際に行ってみて感じたことがあります。

メリット

☑︎即効性がある!!!

メリットはこれに尽きると思います。

便秘で不機嫌なり、便秘で苦しんでいる時に、綿棒浣腸をすると効果てき面だったので、綿棒浣腸には感謝しています。

デメリット

☑︎ウルトラ超ギャン泣き!

☑︎便秘の根本的な解決にはならない(綿棒浣腸が習慣化しがち)

普段の便秘で苦しむ時にも増して、綿棒浣腸では大泣きで…浣腸して(見て)いる私もとにかく辛かったです。

綿棒浣腸は日をかえて5回程行いました。

そして思ったのが、便秘で不機嫌になるたびに綿棒浣腸をする流れになってしまっており、便秘の根本的な解決にはならないということです。



2. お腹マッサージ

便秘に悩みはじめだしたころ、ネットで見つけた解決策の綿棒浣腸と同時に見つけたのがお腹のマッサージでした。

やり方を簡単に説明すると

子どもを仰向けに寝させて、自分は向かい合わせに座り

↓  ↓  ↓

おへその辺りをスタート地点にして「の」の字を描く

実際にやって思ったのは、意味はあるかもしれないけれど、うちの子が必要としているのはこのレベルではない(汗)ということ。笑

でも、やらないよりはやった方が絶対にいいと思います。

遊びを兼ねたコミュニケーションがてら、お腹をマッサージするのが良いと感じました。

 

3. こまめに水分摂取

便秘解決の根本って何だろう?と考えて、出てきたよくある対策!

原因にも書いた食事の変化

☑︎3回食になり、離乳食の量が増えた

☑︎ミルク(母乳)を飲む量が減った

生まれてから水分しか取り込んでなかったのに、離乳食という固形物を食べはじめ、ミルク(母乳)を飲む量が減ったのがから、便秘になるのも珍しくないのでは?と思いはじめました。

それまで白湯を飲ませることはほとんどありませんでしたが、ストローマグに白湯を入れておき、日中こまめに白湯を飲ませるようにしました。

麦茶も良いんだろうなと思いますが、個人的に白湯の方が好みなので、私は白湯を与えています。

 

4. 小児科を受診

ここまで3つの対策を行っていましたが、相変わらずうんちのたびに大泣きしていました。

便は特別カチカチという訳ではないのに大泣きです。

そしてたまに血便(便の最後の方に少し血がついていて、お尻をふくと少し血がつく状態)になっていました。

症状をネットで調べてみると、素人目ながらも原因は切れ痔に該当するんだろうなと思いました。

うんちのたびに大泣きを見ていて1か月たっていたので、一度小児科でみてもらいたいと思うようになっていました。

そんな中で9ヶ月検診があったので、その時先生にお尻をみてもらいました。

先生「見る限りお尻は切きれてませんね」

私「えっ!?(そんなバカな。お尻ふいたら血がつくのに)」

先生「まあ、このくらいの時期には珍しくないので様子見して下さい」

私「はい(ネットで調べた通り、切れ痔は病院で特別対応できないのね…)」

先生「一応、非ステロイドの塗り薬を処方しておきます。肛門の辺りに塗っておいたら便の滑りも良くなるだろうから」

私「はい(滑り良くなるものなの?!でも切れ痔だと思ってるし有難い)」

切れ痔ではないと診断されましたが、非ステロイドの塗り薬(ワセリンみたいなものと説明されました)を処方していただけました。

お風呂上がりや、便をしたあとにお尻ふきで綺麗にして塗っています。



5. おまるデビュー

9ヶ月後半でおまるデビューしました。

補助便座からおまるに変えた理由

お風呂の時間、浴槽から出ているタイミングで、うんちをしたそうに力んでいることがありました。

慌てて抱きかかえると、快便が出てきました!笑(いつもは途切れ途切れの便)

この時、パンツの中でうんちをするより、パンツを脱いだ状態の方が便を出しやすいのかもと思い、おまるを準備することを決心しました。

 

でも実は、補助便座を8ヶ月前半から使っていました。

補助便座を購入した目的はトイレトレーニングです。

いつかはトイトレをスタートさせる訳だし、それならもう買っておいて、試しに座らせて見よう!という気持ちでした。

補助便座でも定期的におしっこは成功していました。

しかし、うんちの成功はありませんでした。

というのも、便秘の人が、気まぐれにトイレに座らせたところで便意をもよおすはずもありません。

また、家で普通に過ごしていて便意をもよおす仕草(ウーンといきむ)をした時は、貴重な便意のタイミングを逃すまいと一生懸命で、パンツを脱がせてトイレに連れて行く余裕はありませんでした。

(で、お座りをしていきんでいる時は、仰向けに寝させていました。)

それに補助便座はトイレに座らせるスタイルなので、子どもの足が床につかず危ないため、その場を離れることはできません。

ということで、新たにおまるを購入!

色々探してみてこちらを購入!

大活躍してくれています。

便秘の子はうんちがしたくなるのが特に分かりやすいと思います。

うんちをしたそうにしらたおまるへすぐに連れて行くことで、すぐにおまるでのうんちに成功しました。

また、朝起きたあと、ご飯のあと、お昼寝のあとなど、おまるの習慣をつけることで、おまるに座らせることで、うんちに成功する日もあります。

我が家はおまるにしたことで、うんちをしやすくなった様子です。

まだ便をしたあと、お尻をふくと少し血がついてしまいます。

しかし、便は確実に柔らかくなってきて、うんちの色もグレーのような暗い色から黄色い色に変わってきました。

切れ痔は、便を柔らかくする努力をして、便意をもよおすタイミングにうんちをしやすい状態にしてあげることが大切だと思います。

また、離乳食でトロロ(長芋をすりおろしたもの)や里芋なども便を柔らかくする効果を感じましたのでオススメです!

ABOUT ME
やまぴ
やまぴ
ブログ初心者のアラサー主婦「やまぴ」です! 【子育て × 節約 × 旅行 × 映画】不妊治療(IVF)→0歳子育て中。 お得意情報にアンテナはってます。 旅行は47都道府県、14カ国。 映画観賞400作品以上。