アラサー専業主婦のWordPressブログ

【体外受精スケジュール・費用】4周期目:採卵(5周期目:通院なし)

2019/04/13
 
この記事を書いている人 - WRITER -
やまぴ
アラサー専業主婦の雑記 【旅行】日本47都道府県訪問済み/海外14ヵ国ほど:アメリカ(NY,WA,CA,NV,AZ,UT)・カナダ(BC)・イタリア(ベネチア、フィレンツェ、ローマ)・フランス(パリ、ノルマンディー)・ベルギー(ブリュッセル、ブルージュ)・トルコ(アンカラ、コンヤ、デニズリ、イスタンブル)・中国(上海・南京・蘇州)・マカオ・韓国・台湾(台北、九份)・シンガポール・マレーシア・カンボジア(シェムリアップ)・フィリピン(セブ、ボホール) 【ハイキング・登山】基本的には自宅から日帰りできる山を気軽に登ります/石鎚山3回(愛媛)・瓶ヶ森5回以上(愛媛)・剣山2回(徳島)・麻耶山1回(兵庫)・その他、旅行先で1回限りのをちょろちょろと。

不妊治療を行なっている病院へ行こうと決心した時、体外受精に挑戦しようと決心した時、気になったのはそのスケジュール感と費用でした。

私自身、色々と検索する中で、それらには個人差、通院先のクリニックによって差が出てくることは理解できました。

私の内容もその一例として見て頂けれたらと思い、記録しておきます。

私が通院しているクリニックは兵庫県神戸市にある不妊治療専門の英ウィメンズクリニックです。

 

6回目の通院(D3)

☑︎ホルモンの血液検査:E2・PROG・LH・FSH

☑︎内診

☑︎診察:血液検査結果や内診で確認できた卵胞数を聞き、内服薬のレトロゾールとレベニンSを受け取る。

<合計 ¥12,960>

この日から始まったホルモン値の確認。アルファベット表記されたそのホルモン名の役割が分からなかったので調べました。

E2(エストラジオール卵胞ホルモン)

卵胞の発育により出てくるホルモン。排卵が近くなったり、卵胞の数がたくさんになると上昇してくる。また子宮の内膜を厚くしたり、頸管粘液を増やす。

PROG(プロゲステロン黄体ホルモン)

排卵すると上昇するホルモン。子宮の内膜を着床しやすい状態へ変化させるため、黄体機能をみたり、体外受精においては胚移植してもよい状態か調べるために測定する。

LH(黄体化(黄体形成)ホルモン)

排卵を促し、卵胞を黄体へ変化させる。

FSH(卵胞刺激ホルモン)

脳下垂体から分泌され、卵胞の成長を促す。女性では排卵障害や卵巣の反応性を調べる。

 

処方薬

レトロゾール:夕食後1錠をD3から5日間

レトロゾール(フェマーラ)は通常、閉経後の乳癌治療で用いられる薬。今回の場合は、排卵誘発剤として服用。

レベニンS:就寝前1錠を生理終了後から5日間

通常は整腸剤として服用。今回の場合は、膣内環境を整える目的で膣座薬として使用。

 

7回目の通院(D8)

☑︎ホルモンの血液検査:E2・PROG・LH・FSH

☑︎内診

☑︎診察:血液検査結果や内診で確認できた卵胞数を聞く。

☑︎HMGフェリング150単位

<合計 ¥12,420>

この日から初めてのHMGフェリング注射がスタート

注射を打つ場所は「二の腕かお腹」とのことで、その時の看護師さんにオススメを伺うと「お腹の方が痛くないですよ」と教えてもらえたので、私はお腹の左右の場所を交互(今日はお腹の左側に注射。明日は右側にといった感じです)に、毎日注射してもらうことになりました。毎回ほぼ無痛でした。

 

注射通院(D9)

※診察のない通院は「◯回目の通院」にカウントしていません。自己注射を選択したら省ける通院になるためです。

☑︎HMGフェリング150単位

<合計 ¥2,700>

 

自己注射 or 通院による注射

恐らく自己注射を選択される方の方が多いと思います。クリニックでも自己注射を勧めている印象を受けました。

私は可能な限り通院で注射を受けたかったので、その旨を伝えると快く受け入れてもらえました。

自己注射か通院注射、どちらにしようか悩んだ時にあがる疑問の一つがお金ことです。クリニックまでの交通費+時間に関しては想定内。

知りたかったのは、同じ注射でも自己注射と通院注射で、その金額に差があるのかということです。

採卵に関する説明をケアルームで看護師さんから聞く際、この件に関して質問したところ「同じくらいですよ」という感じに、ぼんやりとした回答を頂きました。

後日、実際に診療明細書を確認すると、HMGフェリング150単位を内診がある別日に打ってもらった時(例えば、この日の前日)も金額は同じく¥2,700と記載されていたので、そういう意味でいうと、注射通院のみ(内診のない日)でも金額は同じでした。

ただ、体外受精説明会の際に頂いた「体外受精教室テキスト」内にあった「費用のご案内」に記載されているHMGフェリング150単位の金額は¥2,500と表記されています。+¥200が注射を打ってもらう技術(作業)料みたいなことかな?と想像しました。

自己注射を体験していないので金額比較はできかねますが、自己注射だと純粋な¥2,500なのか、同額の¥2,700なのか、はたまた自己注射用の注射器の違いで金額が変わってくるのか…ちょっとした疑問が残りましたが、要は看護師さんが当初教えて下さったように「同じくらい」なんだなと。

注射通院だけですと15分程で会計までの全てが終わる感じでした。

8回目の通院(D10)

☑︎ホルモンの血液検査:E2・PROG・LH・FSH

☑︎内診

☑︎診察:血液検査結果や内診で確認できた卵胞数を聞く。

☑︎HMGフェリング150単位

<合計 ¥10,800>

 

注射通院(D11)

☑︎HMGフェリング150単位

<合計 ¥2,700>

 

9回目の通院(D12)

☑︎ホルモンの血液検査:E2・PROG・LH・FSH

☑︎内診

☑︎診察:血液検査結果や内診で確認できた卵胞数を聞く。

☑︎HMGフェリング150単位・セトロタイド(診療明細書にはセトロタイトとの表記あり)

<合計 ¥21,000>

この日はいつものHMGフェリング150単位に加え、セトロタイドを注射しました。セトロタイドは排卵抑制剤だそうで、この周期での採卵において打ったのはこの日のみ。

HMGフェリング150単位とセトロタイドを混ぜて打ってくれていたので、一度の注射で終わりました。

 

注射通院(D13)

☑︎HMGフェリング150単位

<合計 ¥2,700>

この日が6日連続にして最後のHMGフェリング150単位注射でした。

 

ブセレキュア1ml:21時と22時に実施

点鼻液で排卵抑制効果がある。

ホスミシン500mg:旦那さんが採精日までに毎食後・寝る前と1錠を4回続けて服用

一部の細菌予防として抗生剤を服用。

 

(D14)

ジクロフェナクNa:18時と24時に1錠づつ服用

採卵前の排卵防止目的で服用。

 

10回目の通院(D15)

☑︎局所麻酔で採卵

☑︎ルーム:採卵結果は合計12個(全てG2)→体外受精(rescue-ICSI)とのこと。卵巣に腫れはみられないが、1週期(5周期目)はお休みとのこと。採卵後は通常より早く生理がくるとの説明あり。

<合計 ¥172,800>

採卵後はいつもより早く生理がくるとのことでしたが、私の場合は低刺激法であったためか通常通りの日数で生理がきました。ということで、全く早まりませんでした(早く移植したい気持ちがあったので残念でした…)。

 

セファクロル:毎食後1錠を採卵後4日間

採卵時、膣内に器具を入れた為の抗生物質。

 

↓採卵日の1日の流れ等の詳細は、長くなるので別途まとめています。

【初採卵の体験談】局所麻酔・採卵日当日の流れ・費用

↓また、この採卵日に起こった心臓痛に関して自分なりに疑問等を調べてまとめています。

採卵によるホルモン変動で心臓が痛い?

 

電話で受精確認(D17)

採卵から2日後は電話をかけての受精状況確認が可能な日でした。

結果は採卵12個中8個の受精が確認できているとのことで、今後もしばらく培養を続けて凍結するとのこと。rescue-ICSIは適応なく、体外受精(ふりかけ)で行なわれたそうです。

 

11回目の通院(D22)

☑︎内診:卵巣に腫れが見られるので激しい運動NG

☑︎診察室:凍結結果は初期胚2個(4cellのG2,G3)胚盤胞5個(G4AA,G3BBが4個)。今後の方針は2周期後に自然周期移植のSEET法で移植予定とのこと。

☑︎受付:「受精卵凍結保存についての同意書」にサイン

<合計 ¥197,640>

前回の採卵日には見られないと言われた卵巣の腫れですが、採卵から7日後のこの日は指摘されました。確かに若干の違和感はありましたが、気にせず生活できていました。

SEET法(リンス法)に関しては、ここのクリニックでは半ば皆さん選択する道になる印象を受けました。

 

ホルモン補充周期移植 or 自然周期移植

「最初はホルモン補充周期で移植する方が多い」とのことでした。

ホルモン補充周期の方が自然周期と比べ通院回数が減らせる上に、自然排卵のない月のある方も計画的に排卵を起こすことができ、またその排卵日も事前に特定できるため、予定も立てやすく自然周期よりも確実に移植ができるメリットがあるそう。

私の場合は通院に問題が無い点と、自然排卵が確認されている点から、自然周期移植となりました。

費用まとめ

4周期目での通院回数6回+注射通院のみで3回 <合計 ¥435,720>

1〜4周期目 <総計 ¥496,440>

 

5周期目は通院が1回もなかったため省略し、次回は6週期目をまとめたいと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -
やまぴ
アラサー専業主婦の雑記 【旅行】日本47都道府県訪問済み/海外14ヵ国ほど:アメリカ(NY,WA,CA,NV,AZ,UT)・カナダ(BC)・イタリア(ベネチア、フィレンツェ、ローマ)・フランス(パリ、ノルマンディー)・ベルギー(ブリュッセル、ブルージュ)・トルコ(アンカラ、コンヤ、デニズリ、イスタンブル)・中国(上海・南京・蘇州)・マカオ・韓国・台湾(台北、九份)・シンガポール・マレーシア・カンボジア(シェムリアップ)・フィリピン(セブ、ボホール) 【ハイキング・登山】基本的には自宅から日帰りできる山を気軽に登ります/石鎚山3回(愛媛)・瓶ヶ森5回以上(愛媛)・剣山2回(徳島)・麻耶山1回(兵庫)・その他、旅行先で1回限りのをちょろちょろと。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© やまぴのお気に入り , 2018 All Rights Reserved.