アラサー専業主婦のWordPressブログ

【体外受精スケジュール・費用】6周期目:SEET法と胚盤胞移植

2019/04/13
 
この記事を書いている人 - WRITER -
やまぴ
アラサー専業主婦の雑記 【旅行】日本47都道府県訪問済み/海外14ヵ国ほど:アメリカ(NY,WA,CA,NV,AZ,UT)・カナダ(BC)・イタリア(ベネチア、フィレンツェ、ローマ)・フランス(パリ、ノルマンディー)・ベルギー(ブリュッセル、ブルージュ)・トルコ(アンカラ、コンヤ、デニズリ、イスタンブル)・中国(上海・南京・蘇州)・マカオ・韓国・台湾(台北、九份)・シンガポール・マレーシア・カンボジア(シェムリアップ)・フィリピン(セブ、ボホール) 【ハイキング・登山】基本的には自宅から日帰りできる山を気軽に登ります/石鎚山3回(愛媛)・瓶ヶ森5回以上(愛媛)・剣山2回(徳島)・麻耶山1回(兵庫)・その他、旅行先で1回限りのをちょろちょろと。

不妊治療を行なっている病院へ行こうと決心した時、体外受精に挑戦しようと決心した時、気になったのはそのスケジュール感と費用でした。

私自身、色々と検索する中で、それらには個人差、通院先のクリニックによって差が出てくることは理解できました。

私の内容もその一例として見て頂けれたらと思い、記録しておきます。

私が通院しているクリニックは兵庫県神戸市にある不妊治療専門の英ウィメンズクリニックです。

 

12回目の通院(D10)

私は自然周期での移植のため、定期的に排卵確認が必要でした。

☑︎内診:移植に向けて卵胞確認

☑︎診察:卵胞は育ってきているが排卵はまだ先。3日後に通院するようにとのこと。

<合計 ¥3,240>

 

13回目の通院(D13)

☑︎内診:移植に向けて卵胞確認

☑︎診察:排卵が近くなっている。今夜ブセレキュア点鼻薬を使用することで排卵日を2日後(D15)とし、SEET法実施日と胚盤胞移植日を決定。

<合計 ¥26,470>

 

処方薬

ブセレキュア1ml:D13の21時と22時に使用

点鼻液で排卵抑制効果がある。

プロゲスタン100mg:D15〜判定日まで朝昼晩1回3錠

黄体ホルモン補充膣坐薬。

エストラーナ:D16〜判定日まで1日おきに3枚を腹部に貼る

女性ホルモン(エストロゲン)を皮膚から吸収させる。

 

14回目の通院(D17)

胚盤胞移植3日前のこの日は、SEET法実施日でした。

 

セファクロル:SEET法実施日に毎食後1錠服用

子宮膣内カテーテル挿入に伴い使用。抗生物質で、抗菌作用がある。

☑︎SEET法(リンス法):普段通りF7の内診室で実施。事前に培養液の入ったケースの名前等を確認しましたが、想像以上に小さなケースに少量の液が入っていました。

<合計 ¥32,400>

この日は待ち時間も短く、診察室での先生とのお話もなく、SEET法が終わるとすぐに移動して会計で滞在は短時間でした。

 

SEET法(リンス法)とは

従来は二段階胚移植を実施することで妊娠率を高められるとされていたが、同時に胚を複数子宮に戻すことで双子妊娠も多くなっていました。多動児の妊娠は1人を妊娠するよりも早産等のリスクが高くなることが懸念されます。

受精卵1個の移植でも、二段階胚移植に匹敵する妊娠率を求め開発し特許取得した方法がSEET法だそうです。

受精卵を培養したその液を移植前に子宮内に戻すことで身体が妊娠に向けた準備をし、移植時の着床率が上がるそう。

15回目の通院(D20)

この日は午後から初めての胚盤胞移植でした。

 

セファクロル:移植実施日に毎食後1錠服用

子宮膣内カテーテル挿入に伴い使用。抗生物質で、抗菌作用がある。

☑︎F7受付:同意書を提出し、PHSを受け取る。

☑︎ホルモンの血液検査:E2・PROG

F8へ移動

☑︎ルーム:培養士さんから移植する受精卵についての説明。凍結胚の中で最もグレードの良かったG4AAを融解し、補助孵化療法(ハッチング)を行った。しかし、融解後の成長速度が遅くG3BBにグレードダウンした状態。G3BBでも十分妊娠可能とのこと。

☑︎リカバリールーム:採卵時同様に着替え・ヘアキャップをして、カーテンで仕切られたベッドで待機。

☑︎手術室:G3BBの胚盤胞を移植。手術室には医師、ルームで事前に説明をしてくれた培養士さん、付添いの看護師さん、途中で胚盤胞を持って来てくれた培養士さん(?)という4名ほどが手術室内にいました。

☑︎リカバリールーム:「10分ほど休憩して着替えが済んだらナースコールで呼んで下さい」とのこと。ベッドで10分ほど横になり、ナースコールで来て下さった看護師さんから簡単な説明を受ける。

☑︎F7ケアルーム:看護師さんからホルモンの血液検査結果を聞く。異常なしとのこと。

<合計 ¥111,240>

 

胚盤胞G4AAが融解後G3BBグレードダウン

移植前に培養土さんからこの説明を聞いた時、落ち込みました。

色んな方のブログ等を見ていると融解後は胚盤胞の成長が進んで、早い方ならグレードが二段階上がったという話も少なからず見ていたので、補助孵化療法で透明帯を一部切開することで脱出しやすくしているにも関わらずグレードダウンしているということに不安になりました。

培養士さんからこの説明を受けた後の移植直前、直後はG3BBの妊娠率を調べていました。

中にはG3BBだと妊娠率30%との情報もあり、また落ち込みました。元はG4AAで妊娠率70%はあると思っていただけにです。

一方で「グレードは関係ない!」という体験者さんからの話もありました。確かにそういう世界ですよねと思い、移植後10分の休憩を終えて以降は調べるのをやめました。

 

移植後の休憩時間

英では10〜20分(私が移植した日は看護師さんによって休憩時間「10分くらい」「15〜20分くらい」と説明に若干違いがありました)の休憩でした。

他のクリニックでは移植後2時間のベッド休憩を行っている所もあると見掛けており、移植後の休憩時間の差に疑問を持ちました。

実際の私はというと移植が終わるなりすぐに御手洗へ行き、その後指示通り10分ベッドで横になった後、すぐ着替えて一番にリカバリールームを出ました。

会計の待ち時間になって移植後の休憩時間による妊娠率の差があるものなのか妙に気になり始めた私。

自分なりに検索した結果の落としどころは、移植後2時間横になって安静にしたから妊娠率が上がるというものでもないようで、何ならそんなに横にならず、気持ち休憩をした後は普通に動いて生活した方が妊娠率は上がるような印象を受けました。

これは人によって意見が別れる話だと思います。

費用まとめ

6周期目での通院回数4回(自然移植周期) <合計 ¥173,350>

1〜6周期目 <総計 ¥669,790>

 

次回は移植後の体調変化の有無、判定日等について記したいと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -
やまぴ
アラサー専業主婦の雑記 【旅行】日本47都道府県訪問済み/海外14ヵ国ほど:アメリカ(NY,WA,CA,NV,AZ,UT)・カナダ(BC)・イタリア(ベネチア、フィレンツェ、ローマ)・フランス(パリ、ノルマンディー)・ベルギー(ブリュッセル、ブルージュ)・トルコ(アンカラ、コンヤ、デニズリ、イスタンブル)・中国(上海・南京・蘇州)・マカオ・韓国・台湾(台北、九份)・シンガポール・マレーシア・カンボジア(シェムリアップ)・フィリピン(セブ、ボホール) 【ハイキング・登山】基本的には自宅から日帰りできる山を気軽に登ります/石鎚山3回(愛媛)・瓶ヶ森5回以上(愛媛)・剣山2回(徳島)・麻耶山1回(兵庫)・その他、旅行先で1回限りのをちょろちょろと。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© やまぴのお気に入り , 2018 All Rights Reserved.