妊娠・出産

【体験談】ソフロロジー分娩教室に参加

出産に際し、以前からちょこちょこ見掛けては気になっていたのがソフロロジー式分娩というもの。

妊娠初期の頃、ソフロロジー出産に関する本にサラッと目を通し、大事なのは息を細く長く吐くこと!ということは理解しました。

細かいことはよく分からないけれど、そうすることによって叫ばないで済むお産に近付き、安産に繋がるという感じに解釈。

私自身、過去の局所麻酔(局所麻酔のはずだけれど、体感的には完全に無麻酔状態での激痛手術を過去に体験)による手術中、深い呼吸は精神安定に繋がると感じたので、呼吸法に注目したソフロロジー式分娩には信憑性を抱いていました。

本をサラッと読む限り、ソフロロジーでのポイントは「息を長く吐く」という単純明快なものと受け止め、出産時は取り敢えず長く息を吐いて過ごそう!と決心していました。

そんな中、里帰り先の産院でソフロロジー分娩教室を行なっていると知り、参加することに。

 

ソフロロジー教室に参加して教わったポイント

息を細く長く吐く!!!

息は鼻から吸う

●息を吸うことは考えなくてOK(吐いていれば勝手に吸うことになる)

陣痛は長くて50秒間しか続かない(必ず痛くない時間がくる!)

●陣痛のない間、いかにリラックスするか

●息を吐きながらお臍の辺りに腹圧をかける(産院の教室で教わったのではなく、ネット情報)

 

日頃行っておくと良いこと

●息を吐く練習(シミュレーション)を行っておく

●ソフロロジーの音楽を聞いてイメージしておく

本番で落ち着いた呼吸法を行うためにも、日頃からイメージトレーニングをしておくことが大切だそう。

正直なところ、毎日ちゃんとイメトレできていない私ですが、出産はソフロロジー式分娩で挑みたいと思っています。

出産予定日が目前となりました。次回は、ソフロロジー式分娩を念頭においての出産レポを記したいと思っています。ソフロロジー出産の効果は得られるのか、安産になるのか、はたまた……。

未知なる体験、楽しみです。

ABOUT ME
やまぴ
やまぴ
ブログ初心者のアラサー主婦「やまぴ」です! 【子育て × 節約 × 旅行 × 映画】不妊治療(IVF)→0歳子育て中。 お得意情報にアンテナはってます。 旅行は47都道府県、14カ国。 映画観賞400作品以上。